メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
:::

  基隆港
基隆港自由貿易港区の範囲は基隆港東岸 6 から 22 埠頭及び西岸 7 から 33 埠頭まで、総開発面積は 71.16 ヘクタールである。基隆港は大台北都会区に近い、汐止、南港、内湖などのサイエンスパークや大武崙、瑞芳、六堵工業区などの産業団地から支えられています。
船舶輸送業、国際物流業、倉庫業、大型卸売業、国際貿易業者は基隆港自由貿易港区を運営基地として、中継輸送や配送、再整備、多国混載、簡易加工、複雑加工などの業務を行い、物流時間の短縮が図れる上、運営効率が大幅に向上されます。基隆港に向いている産業は倉庫、物流、組立、再整備、包装、簡易加工、運送請負、コンテナのトランシップ、中継輸送などで、ここではすでに産業クラスターが形成されています。
優位性
l>
  • 高速道路の国道1、3番に直結する。
  • 東西岸には便利な区内道路がある。
  • 北部の政治経済や消費の中心地に近い場所に位置し、台湾の52%貨物がここに集中している。
  • 港区の近くにCFSがあり、三大工業地域に近い。
  • 充分な倉庫施設があり、各種の貨物作業に対応できる。
  • 車道認識管理システム、出入自動監視ゲートがある。
  • 既に実施されているコントロールシステムにより、コンテナのリアルタイムデータが把握でき、現場作業にモニターシステム (CCTV) まで備えている。
  • l>
  •   台北港
    台北自由貿易港区の面積は79ヘクタールである。台北港の全体開発計画に定められる開発面積は1038ヘクタールに達し、埋立地の完成によって面積が広くなります。
    台北港は広大なる後背地を有し、港区範囲は基隆港の 5 倍で、現在は自動車物流センター及び化学オイル品の重要な供給拠点である。将来は大型コンテナセンター、海運速達を発展していくこととしています。
    台北港自由貿易港区は大台北都会区に近く、また土城、五股、林口、 樹林などの工業団地に隣接しています。桃園国際空港までの距離は僅か23キロで、シー/エアを繋げてて利用するのはとても便利で速いです。
    優位性
    ·   後背地は広大で、水深が深い。
    ·   台北都会区に接近し、輸送に必要な貨物が多い。
    ·   企業化、情報化、自動化の経営理念を導入している。
    ·   桃園国際空港が近くにあり、シー/エアを繋げて利用するのは便利。
     
     ◎ 蘇澳港
    蘇澳港自由貿易港区は2010年 9月13日に交通部の許可を得て台湾の6番目の自由貿易港区となりました。運営範囲は1~13 号埠頭及び同地の倉庫施設で、3 箇所の積替場や1箇所のコンテナ積替場、第一物流専門区、第二物流専門区などを含み、延べ面積は合せて 71.5ヘクタールであります。
    蘇澳港自由貿易港区は積極的に企業を誘致し、国際物流センター及びグリーンエネルギー関係産業を導入する予定です。また区外の各種の科学園区、加工区と結合し、利澤、龍德工業区との提携によって委託加工を活用し、更に蘇澳港の国際運輸機能を利用して蘭陽地域の産業群集効果の活性化を図っています。
     
    優位性
    ·   グリーンエネルギー産業を導入し、産業集落を形成しています。
    ·   利澤工業区、龍德工業区及び宜蘭科学園区の近隣に位置しています。
    ·   北部の都市部に近く、 40 分で到着できます。
    ·   台 2 番及び国道 5 番で北部と直接に連結し、また台 9番と蘇花道路が花蓮台東地区と連結でき、交通は非常に便利です。
     ◎ 台中港自由貿易港区
    台中自由貿易港区の範囲は1~18号埠頭及び20A~46号埠頭、西1~西7埠頭を含み、総開発面積は536ヘクタールです。
    台中港は台湾南北交通の中心地にあり、快速道路で清泉崗国際空港と連結しているため、複合運送がとても便利で、更に上海から香港までの航路中心点に位置しているため、両岸直航にベストな港と言えます。
    台中港自由貿易港区は台中港関連工業区、彰浜工業区、中科園区、台中工業区、潭子加工輸出区の近隣に位置し、それぞれの優位性を統合して区域の群集効果が果せます。台中港自由貿易港区では貨物の保存、再組立、簡単な加工を提供し、配送センター、製造加工、再輸出及び物流センターを目指して発展していきます。
     ◎ 高雄港自由貿易港区
    高雄港自由貿易港区の範囲は第1から第 5 コンテナセンター、中島区 30~39号埠頭及び南星計画区を含み、総開発面積は 415 ヘクタールです。台湾南部に位置する高雄港は、最先端の冷凍物流倉庫設備を有し、農産・畜産製品の物流作業に最適です。また、小港区国際空港まではただ 3 キロで、そして国道台17番中山高速道路、国道10番高速道路、国道3番高速道路等の連絡道路を合わせて便利な交通ネットワークを構成しています。
    優位点
    ·   埠頭作業の民営化、高い作業効率、低コスト、上質なサービス。
    ·   再整備や加工などの付加価作業を強化できます。
    ·   隣接する土地は幅広く、相互協力や倍数効果を発揮します。
    ·   各コンテナセンターは高速道路まで2キロ、小港国際空港まで3キロという距離であり、交通面は非常に便利です。
    ·   自動監視ゲートを設置し、税関貿易ネット会社のコンテナ在庫システムと統合し、情報プラットフォームを通じて電子情報の伝送によって、車の進出時間を短縮し、中継輸送作業の効率を加速します。 
    2018-12-25瀏覽人次:5723
    • 上一页
    • 先頭へ戻る