メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
蘇澳港「バイオマス エネルギー発電」を促進、循環型経済の目標へ
  • イベント
  • 2019-08-29 ~ 2020-12-31
  • 85

近年、台湾港務会社(TIPC)基隆支社は、積極的に政府のグリーンエネルギー政策を推進しており、蘇澳港で国内最大の太陽エネルギー発電設備を設置するのみならず、バイオマスエネルギー(バイオエネ)発電の関連事業を発展するために、物流倉庫区の約5ヘクタールの基地の投資誘致活動を展開する予定です。

基隆支社は、「現在、ある業者は台湾経済部のバイオマス エネルギー認証を取得し、2019617日に宜蘭県の試作工場で発電に成功した。近いうちに三星で発電施設の見学と説明会を行い、バイオマス エネルギーの技術に関する情報を市民と共有する」と語りました。

潜在業者は新台幣10億元を投資し、台湾初のゼロカーボン、ゼロPM2.5バイオエネ発電所を設置する予定です。8MWの容量24時間ベースロード発電の特性を利用することにより、年間の発電量は6,300万キロワット時(kWh)に達します(約宜蘭県の年間民生用電の8割を占める)。

更に地方政府農民は契約農業などの連携を通して、耕作放棄地や低利用地に燃料用草類を植え、発電用の固体燃料を作ります(もしくは東南アジアより輸入)。さらにこれによって国内の農業経済が促進され、農民の収入が向上し、雇用機会が増大します。また、国内の電力貯蔵量を増加するとともに、地域経済の振興に貢献できます。

海外のバイオエネ発電技術導入し、低経済価値の農地や公用土地などに燃料用草類を植え、加工技術を通して発電燃料を生産するというエネルギー企業の発想は、ゼロカーボン、ゼロPM2.5の目標の達成が期待され、
また、国内の農業経済とグリーン電力の発展にも貢献し、「再生経済」の永続経営の理念の実現に繋がります。



 

  • 上一页
  • 先頭へ戻る