メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
台湾港務会社国際商港ゲード通行記録を全面電子化へ
  • イベント
  • 2020-10-20 ~ 2022-07-31
  • 1020

国際商港自動化ゲードにおいては、2004年第1座の自動化車道を完成した以来、国際商港管制区、自由貿易港区の人、車両及びコンテナーに対して24時間の自動検査を行っています。また、現場状況と利便性を応じ、人工検査車道の設置を維持し、これによって、臨時に港区を出入る必要がある民衆は、人工検査で出入ることができるようになります。
 
技術の進歩とともに、台湾港務会社(TIPC)人工検査車道OCR光学的文字認識システム、RFID自動識別及びバーコードリーダーなどの設備を増設し、人、車両の電子通行記録を保存します。これらの記録は、航港局、移民署、警政署、關務署などの機関と資料を交換し、また資料の即時照合、分析によって、港区の安全検査及び通関効率の向上が図れます。
 
TIPC10981日に高雄港第1コンテナーターミナルでシステムの試運転を行う予定です。港区通行証を申請した人員は通行証で商港管制区を出入りするだけではなく、身分証明カードのバーコードスキャンで出入ることもできます。また、通行証を持参していない人員は、商港管制区を出入る時身分証明カードのバーコードスキャンによって通行記録が保存されます。今回の電子化は、商港管制区の管理を取り組んでいるとともに、より多様な出入方式の提供に貢献しました。
 

  • 上一页
  • 先頭へ戻る