メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
:::

日頃より当社の活動にご支援、ご愛顧を賜りありがとうございます。
台湾は島国であるため、世界と経済貿易に繋ぐのに、海運はもっとも重要な手段となります。台湾港務株式会社は現在高雄港、台中港,基隆港,台北港,花蓮港,蘇澳港,安平港の7つの国際貿易港を管理し、台湾海運発展の推進において重要な役割を担っており、港の管理は経済発展にも影響を与え、即ち対外貿易と旅客運送の重要な玄関口です。

現在、台湾港務株式会社は海運市場の再編及び国内外の競争などの影響で、港の運営には大きな挑戦を抱えます。「台湾港群」は、ハブ港の地位を固めるために、船社への誘致を通じて、運営基地の建設と良い埠頭施設を推進しており、各々重要な業務によって、ハブ機能を強化すると図ります。旅客輸送において、旅客ターミナルを改善することによって、便利な通関施設を提供し、旅客人数の成長も増えてきました。ウォーターフロントの誘致の活化、新規エネルギー事業の開発、及び東南アジアへの投資における良い業績を達成しました。将来、港の新たな価値を探すともに、業務多元化の可能を求めると目指します。

台湾港務株式会社は、「創出として世界へ歩み、世界水準の優れた港湾運営会社となる」の経営ビジョンで、「ジムワーク、創出し続ける、永続成長」を3大テーマとして経営目標を取り組んでおり、港の発展を進みながら、船社と地方政府の連携も重視し、有利な経営環境を創造いたします。また、A.I人工智慧の時代を迎え、新たな技術を港湾内の作業に投入するによって、台湾の港湾は革新的な変化になり、運輸の効率化と安全性を向上させ、更に台湾港群の競爭力を上げさせます。

将来、港の永続発展のため、新たな業務を求め、港の多元的な経営方針を創出し、さらに経験を継ぐことと人材育成を重視し、企業の永続経営理念を実現させ、海運産業成長の基礎を作り上げともに台湾海運産業を前へ進み続けています。

台湾港務株式会社

 社長 陳劭良

 
 
 
 
2019-06-17瀏覽人次:3501
  • 上一页
  • 先頭へ戻る