メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
:::

 日頃より当社の活動にご支援、ご愛顧を賜りありがとうございます。
 台湾は島国であるため、世界と経済貿易に繋ぐのに、海運はもっとも重要な手段となります。近年、世界中の海運マーケットは船舶大型化と航路の集中化が進んでおります。台湾の港はそれに応じるため、もっと素早く、柔軟性のある経営戦略を練る必要があります。
 台湾港務株式会社が2012年3月1日に成立し、組織変更後は「政企分離(経営と管理の分離)」を基に、港の経営と企業誘致を積極的に行い、多角化経営を目指しております。本社の一括化した管理により、各港それぞれ異なった性質と特徴を活かし、競争力のある「台湾港群」(Taiwan Ports)にしたいと存じます。
 現在、「価値と量(Value & Volume)」の「ダブルV」を並行させるという方針の下で、それぞれ港の役割を再検討し、自由貿易港区の業務を推進していきたいと考えております。将来は政府機関と緊密な連携により、港湾と都市の融合、それてコラボレーションをし、Win-Winを創出できるよう努めます。また、海外においてターミナルの投資を投入し、世界と中国の港と戦略的な連携を強化し、「台湾港群」の国際的な競争力とブランド戦略で価値向上を推進してまいりたいと努力致します。

台湾港務株式会社

 社長 郭添貴

 
 
 
 
2018-07-16瀏覽人次:3259
  • 上一页
  • 先頭へ戻る