メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
台湾港務会社子会社 台湾港務港勤会社四つの国際ライセンスを取得
  • イベント
  • 2019-02-21 ~ 2020-06-30
  • 142

2018年、台湾港務会社の子会社である台湾港務港勤会社ISO 9001品質管理シスタム、ISO 14001環境管理シスタムとOHSAS労働安全衛生マネジメントシステムの導入を完成しました。一年で三つの認証と四つのライセンスを獲ることは業界の初です。
張國明会長は、社員全体の協力により、港勤会社は洋上風力発電事業分野において安定した道を歩け、台湾で初国際洋上風力発電規範を達成した会社だと述べています。

台湾海峡は世界で最適な洋上風力発電場所の一つで、政府の洋上風力発電政策に応じ,非核化の実現を目標にしています。
今、洋上風力発電関連事業の持続可能なサプライチェーンを構築するのは台湾政府の重要な目標であり、経済部エネルギー局も国内で洋上風力発電の輸送船を生産することによって、関連産業を国産化の目標を実現しようと考えています。港勤会社は引き船業務を運営する国営企業として、専業の船員、技術及び設備を用いて、初国産の洋上風力発電輸送船を作り上げました。発電建設の設置のみならず、海上従業員交通運輸にも支えており、洋上風力発電事業を支援することを期待されます。

風力発電関連業者に良い品質を提供するために、2018年港勤会社はISO 90012015品質管理シスタムのライセスを取得し、業者の要望を応じ、お客様に信頼される存在になるでしょう。
従業員の安全を確保するために、労働安全衛生管理規範を定め、去年もTOSHMSOHSAS労働安全衛生マネジメントシステムを導入しました。労働環境の品質と安全性を上げ、労働安全の訓練も強化していきます。従業員の労働安全意識を引き出し、労働安全衛生制度の改善と労災の減少によって、労働安全管理の効率化に進んでいきます。

将来、港勤会社は仕事の掟を守ることによって、品質管理、労働安全衛生と環境コントロールの目標を達成します。お客様に信頼される会社になり、効率化、専業の経営理念を実現していきたいと考えております。

  • 上一页
  • 先頭へ戻る