メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
高雄港南星計画区企業誘致大成功 企業投資の拡大
  • イベント
  • 2019-05-15 ~ 2020-12-31
  • 97

2015年、南星計画区は自由貿易港地域に設けられ、鋼鉄、金属製品や金型などを生産するの企業を主な誘致対象としました。現在合計9社の関係企業が立地し、産業製造及び非鉄金属産業を締結によって、クラスターが形成されつつあります。高雄港南星計画区の自由貿易地域の企業誘致を推進するために、弊社の高雄港務支社は2019320日にA3区の入札作業を行い、現在の自由貿易港地域に立地している業者のフォルモサ国際物流会社が落札しました。

高雄港務支社は、A3区の総開発面積約2.5ヘクタールで、落札者のフォルモサ国際物流会社は高雄港自由貿易地域の既存企業で、高雄港中島商港区に加えて、南星計画区A2区で国際物流倉庫を運営しています。この度、倉庫管理と物流業務を拡大するため、新台幣一億元を投資して新しい国際物流倉庫を建てました。この新しい倉庫の設置によって、物流と自由貿易業務に対して全面的な発展を支えると期待されています。

高雄港自由貿易地域は、「国境内税関外」というコンセプトで発展し、域内に立地する企業は税制上の優遇措置などを受けることができ、また通関手続きの簡素化、貨物自主管理などのメリットがあります。現在、南星自由貿易地域には、1.8ヘクタールのB2区と3ヘクタールのA9区しか残らず、業者の投資計画によって自分で建設、開発又は運営することができます。投資に興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

 

  • 上一页
  • 先頭へ戻る