メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
花蓮港ISO 45001/TOSHMS二つの認証を取得 国際労働安全衛生管理の機能を備える港湾へ
  • イベント
  • 2019-10-28 ~ 2021-12-31
  • 167

台湾港務会社の花蓮支社は、安全衛生管理の効率向上のために、ISO 45001/TOSHMSシスタムの国際認証の取得によって、港区の従業員に安全、健康的な職場の提供に注力しています。今年926日にイギリス標準協会(BSI)の認証を受け、花蓮港は国際労働安全衛生管理の機能を備える国際港湾になりました

花蓮支社は、201811月によりISO 45001国際労働安全衛生管理シスタムを導入することを通して花蓮港の安全衛生政策及びその全体目標を定めました。また、リスクアセスメント及び危害識別等の採用によって、港区の積み卸し作業、船舶作業及び建設工事のリスクを評価して、適切な発展計画、工事調整、行政管理及び標準作業手順の制定などに合わせて安全措置を実施しました。さらに港区の関連業者(船舶、積み卸し、建設など)を集めて作業安全の研修を実施することに加え、作業現場の危害要因の減少もしくは排除が期待されます。

9ヶ月の努力を積み重ねて、2019926日に花蓮支社の高総経理は花蓮支社を代表して会社の全ての管理部門と、イギリス標準協会(BSI)の監査を受けました。監査官は、港区作業のリスクアセスメント、危害のお知らせが確実に実施されていることを確認し、、更に現場の安全措置及び機具の定期整備まで実地検査を行いました。、ISO45001/TOSHMSが会社の運営に確実に実施されているかを確認し、企業の安全措置の促進に関する有利な意見を提供し続けます。最後に花蓮港は国際労働安全衛生管理シスタムISO 45001及び労働安全衛生管理シスタムTOSHMS二つの認証を取得し花蓮港は国際労働安全衛生管理の機能を備える国際港湾になりました。

花蓮支社は港湾の運営管理者として、企業の社会的責任を果たすのみならず、港区の従業員により安全健康な仕事環境の提供を取り込んでいます。ISO45001/TOSHMS二つのシスタムの取得によって、港区の関連業者との連携で安全な労働環境を構築し、国際労働安全衛生管理における優れた港湾を作り上げます。。


 

  • 上一页
  • 先頭へ戻る