Jump to main content block
:::
台中港マリーナ埠頭企業誘致、ウォーターフロントレジャーの開発へ
  • イベント
  • 2021-01-28 ~ 2022-07-31
  • 827

台湾港務株式会社台中支社(以下台中支社)はウォーターフロント開発を促進するため、三井アウトレットパーク連結し、台中港の中泊渠を複合的な観光レクリエーションゾーン発展するように取り組んでおります。その中から、三井アウトレットパークの西北側に位置する20A20B埠頭をマリーナの開発予定地をしており、潜在投資者が先日運営計画書を提出済みです台中支社は近頃に台中港20A20B埠頭及び水域における観光レクリエーション商業エリアの土地投資案件の入札を行う予定です。

誘致作業は三井アウトレットパークを中心に、マリーナ埠頭、梧棲観光漁港、高美濕地、海洋環境博物館、海洋生態博物館などの観光スポットと連結し、中二路周辺の開発価値を促進するようと図っています。台中支社は、台中港の複合的なウォーターフロントレクリエーションゾーンへの発展に力をいれ、、台中港周辺の産業構造の転換を加速させます。

今回の入札案件の内容には、台中港20A20B埠頭用地(現在は観光レクリエーションゾーン)、土地面積6.7ヘクタール及び水域面積4.9ヘクタールが含まれ、水域及び陸域の共同開発になります。将来、投資者は開発ニーズ及び事業運営モデルによって自ら建設を、埠頭周辺泊地及び施設を運営する他陸域の開発を通して他の業者を誘致することもできます。
 

  • 上一页
  • 先頭へ戻る