メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
台湾港務会社、港区の危険品安全管理力向上へ
  • イベント
  • 2019-07-18 ~ 2020-12-31
  • 94

企業の社会的責任を尽くすため、台湾港務会社(TIPC)は港区安全の強化を図り、港区危険品安全管理シスタムの設置によって、業者の危険品申告制度を設立しました。自動化シスタムの審査を通して、港区の危険品数量を即時に把握し、関連情報をつかめることができます。また、危険品の関連情報を全面的に把握することによって、危険品安全管理能力の効率化と港区の安全性を向上することを図ります。異常状況を起す際には至急に事故担当と連絡を取り、現場の状況に応じて素早く事故を対応することができます。
 
このシステムは、初期輸入作業における危険品の状況と予防措置に対して有効に把握することができますが、輸出作業においては、船積みを完成しない限り危険品の詳細情報を得られません。輸出作業の安全予防に対応するためTIPC航港局と港区の船社と連携し、コンテナの動態情報を運用することにより、短時間で危険品の状況と事前予防措置を取り組んでいます。このように、港区の危険品出荷作業の安全コントロール機能強化します。

現在、高雄港は2019430日より安全管理を全面的に実行し、台湾港群にも推進していきます。将来、TIPCは港区の安全管理を促進するため、港区の業者と連携して港の環境安全を改善し続け、永続的に経営すると共に、国際企業としての目標を創造し、永続発展の実現を目指します。

  • 上一页
  • 先頭へ戻る