メインコンテンツブロックにジャンプ
:::
台湾港務会社「高雄港車輛分流計画」を取り込む
  • イベント
  • 2019-11-25 ~ 2020-11-30
  • 112

台湾港務会社(TIPC)はスマートポートを推進するために、台湾港群トランススマート計画(Transform Sustainable, Modern and Advanced ports with Revolutionary Technology)を提案し、ITを通して港湾作業の安全及び効率の向上が期待されます。港湾の効率化において港湾地区の交通サービスの改善は最も重要な部分であります。貨物の成長量による渋滞問題が港湾地区の流れ、環境及び位置などと複雑な原因と絡んでいるため、渋滞の原因を追究し、データプラットホームを設置することを取り込んでいます。このデータプラットホームは、交通状況を即時に反映することができ、交通安全と環境品質を向上させるほか、管理機関にとっても通信技術を通して交通政策を定める参考になると考えられます。、
 
また、アクションプランとして、高雄港車輛分流計画を提案しました。この計画は、港湾地区のデータ収集、分析、情報などをデータと映像に転換し、即時に港湾地区の交通状況を示すことができます。また、高雄港において渋滞が発生し易い道路を優先に設置し、AI映像感知技術の導入に加えて、適切なシステムインテグレーション方案で計画を支援します。将来、高雄港の車輛分析シスタムの設置を通して、よりスマートな交通サービスを提供し、実際の使用効果により台湾各港にも展開することが期待されます。
 

  • 上一页
  • 先頭へ戻る